Yamanaka Yoshio(1)-ギターの時間-2009-2-2

茨城県古河市で山中ギター音楽院を主宰する山中芳郎さんが
久々となるオリジナルイベント「ジョイジョイコンサート」を
地元カナルハウスで開催します。
同時期に14曲入りCD「愛のワルツ」も発売。
10代の頃バンド経験からスタートした音楽生活は、
クラシックギターの軌道に乗ってからは一直線。
ますます元気な山中さんのギター人生は
回り道もありながら、いつもギターへの愛で貫かれてきました。
プロフィール


目次


第1回 復活! ジョイジョイコンサート

CD「愛のワルツ」発売記念コンサート

アルパ&ギター「ジョイジョイコンサート」(CD・ディナー付)
2月22日(日)17:30開演
会場:カナルハウス(古河市/TEL.0280-31-2111)
15,000円(CD・ディナー付)
■ かなで人:
 山中芳郎(ギター)
 藤枝貴子(アルパ:ラテンハープ)
主催:テンプロ・デ・ムシカ

愛のワルツ←完成したばかりの「愛のワルツ」16曲入り。 「アルパが優雅で心地よく響いてくれます。収録曲はクラシックというより少し軽めの曲になっています」
                                           

20年ぶりのオリジナルコンサート

●○● 2月22日の「ジョイジョイコンサート」は何回目なんですか?
山 中 毎年やって10数回続いていたんですよ。
でも、指がだめになっちゃったので
ここしばらくは中断していたんです。
ほんとにしば〜らくやっていなかった。
指の故障は40代の直前だから、もう20数年ぶりだね。
60歳を超えてから、今もう1回こういうことをやらなくちゃ、
やる機会はなかなかないかもしれないな、
それっきり終わりになっちゃうかもしれないな、
と思うようになって。

それで、難しい曲や早い曲は無理でも
弾ける範囲のモノを音楽的に弾けばいいだろう、
と思うことにして、やることにしたの。

第1回は26歳の頃。
最初から、このタイトルでね。「ジョイジョイ」ってなんだ?
ってよく質問されたけど、これは、
ジョイントとエンジョイをくっつけて作った言葉でね。
●○● ああ、なるほど。ということはゲストの方を毎回呼んで?
山 中うん基本的にだれか呼んでました。
というのも、自分の実力では1時間半はもたない、と。
そういう判断で、だったら、違う楽器の人や歌の人を呼んで、
合わせを入れて構成したらどうか、と。
そもそも1時間半というのは、長い。ギター1本では持たない。
セゴビアでも厳しいんじゃないか?
っていうのが僕の持論でね。
とくにこの地域のお客さん相手だとね(笑)。
バンド経験も下地にあるから、そのへん、
どうやってお客さんを飽きさせないようにするか考えると
想像がつくわけ。
だれかとやれば、音楽的に内容がふくらむでしょ?
小物
●○● ええ、ええ。
山 中ということでね、ジョイントとエンジョイで「ジョイジョイ」、と。
●○●経験としてもいろいろやってこられたんでしょうね?
山 中やったよ!(笑) ギターはもちろんフルート、リコーダー、声楽、尺八、琴・・・。
●○●おお、楽器ひととおり!
山中それは大げさだけど、
でもバンド経験がこういうときも役に立ったの。
合わせるってことは相手の音を聞くことだし
これはある程度経験が必要かもしれないし。
それにバンド経験で、
「知らない曲でもコード付けて、ひと通りの伴奏をすぐやる」
っていうことが得意になってたしね。
またそれができないとお酒が入ったお客さん相手に
演奏できなかったからね!
●○●ああ、そりゃそうですね、練習してる時間なんか無い?
山 中お客さんが間違ったら、
同じように間違わないといけないし(笑)。
最初に始める前に、こっちも
「間違わないでやるから」って宣言してるしね。
●○●ほぉー・・・。
山 中ところがお客さんも間違うことがある。
そしたら「ごめーん!」って言って
同じところを、お客さんの間違ったところを覚えておいて
もう一度間違いではないように見繕って繰り返して伴奏して
気分よく歌ってもらう、なんてこともよくあったなあ。
あれは、ふつうの人はできないかもしれないね。
●○●他の楽器との合わせですが、
音量差の問題が解決すれば
どんな楽器とも合わせられると思うんですが、
実際はどんなかんじですか?
山 中そうだね。だからたいていPAも使うんですよ。
でも苦労しましたよ。少ない予算での仕事なので、
いろいろたいへんでした。
そうしないと聞こえないお客さんの席も出てきちゃうから。
ジョイジョイに関してはだいたい
コンスタントに200人くらいの人を集めて
やってきたからね。
(▼わ、若い!××年頃 ボニージャックスとの共演ステージより)
●○●で、今回は最新CD「愛のワルツ」もお土産につくんですよね。
山中そろそろ足跡もしっかり残さなきゃ、という年齢に
なってきたかな、と(笑)。
●○●CDはわりあい定期的に制作されてこられたんですか?
山 中そうでもないんですよ。
ただ、最初の頃はLPレコードを作ったこともありました。
40歳の頃だったかな、そのちょっと前だったかな。
指がだめになる直前だった・・・
●○●そうですか。
山 中だから、あれは、あの時作ってよかったなって、
今でもつくづく思うね。
今はもうあの演奏はできないもん。
人差し指が使えないから和音が思うように弾けないからね。
●○●そのLPはソロですか?
山 中ソロです。ギターで「どれくらい歌えるか」ということに挑戦したの。
シューベルトの歌曲とかアレンジして。
●○●え!?ご自分で?
山 中そう。えっと、(棚を探して)これが・・・
LP
●○●わ、ちょっと聴かせてください!
(続きます)

感想を送る GJホームへ 友達に知らせる

2009-02-02-MON

ギターの時間